東京藝術大学 東京藝術大学入試情報サイト SDGs 共創の場 ily 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大フレンズ 早期教育 東京藝術大学ジュニア?アカデミ
クローズアップ藝大 - 第十九回 小林正人 美術学部教授

連続コラム:クローズアップ藝大

連続コラム:クローズアップ藝大

第十九回 小林正人 美術学部教授

クローズアップ藝大では、国谷裕子理事による教授たちへのインタビューを通じ、藝大をより深く掘り下げていきます。東京藝大の唯一無二を知り、読者とともに様々にそれぞれに思いを巡らすジャーナリズム。月に一回のペースでお届けします。

>> 過去の「クローズアップ藝大」
>> 「クローズアップ藝大」が本になりました


第十九回は、美術学部絵画科油画専攻の小林正人先生です。本学卒業後、画家として活動し、キュレーターのヤン?フート氏に招かれてベルギーのゲントで制作を行うなど、世界を舞台に活躍されてきました。2023年9月、取手校地の研究室にて作品を前にお話を伺いました。


【はじめに】

その日、取手のキャンパスは人気がなく、ヤギたちが日陰で静かに休んでいました。小林先生の研究室にむかう無機質な廊下には洗濯機がおかれ、不思議な生活感が漂っていましたが、研究室の扉を開けて一歩中に踏み入れると、床のそこかしこに絵の具のチューブや絵の具がついた白い布切れ、脱ぎ捨てられた片方の靴、ところどころに藁が敷かれ、とても近寄りがたい画家のプライベートな空間を前に私は思わず後ずさりしました。創作の熱気がこもったアトリエ。私は部屋の中央にぽつんと置かれた黒いソファに緊張しながら腰を下ろしました。なぜか汗が突然どっと流れだすなか対談を始めました。


「自由について」展と《画家の肖像》

小林

この絵は明日搬出してもらう予定だったから、ちょうど1日前。すごいラッキーです。

国谷

9月22日から「自由について」という個展が始まります。この馬の絵はどういう作品なのでしょう。そして、なぜアトリエに藁がいっぱいあるのですか?

小林

これは《画家の肖像》というタイトルなんだけど、この馬は画家なんです。筆をくわえている。あっちの人物の作品《この星のモデル(手袋を脱ぐカウガール)》はモデルを描いてる。ここは画家とモデルのための部屋っていうか。画家が馬なら、ここは馬小屋みたいなものだから藁。あとゲントの頃から藁っていうのは、動物が生まれたり、光が生まれる場所っていうか、そういうのがある。

「画家とモデル」というテーマがあるじゃないですか。俺は、モデルをただ座らせてポーズをとってもらって描くんじゃなくて、共同作業になっていく。画家が若い時は良かったんだよ。人間としてマッチョだったというか。それがそうもいかなくなったある時から、俺は馬になったの。画家が人間だと、モデルとの関係がうまくいかない。そのモデルとひとつになるために、いったん馬に変身してるって言うと変だけど、そういう過程があって(笑)。

 

《画家の肖像》

《この星のモデル(手袋を脱ぐカウガール)》

国谷

藝大の絵画科は卒業前にみんな自画像を描きますけれど、その時はまだ馬ではなかったですよね。どんな自画像でしたか?

小林

自画像は普通の自画像だったよ。ペンキで色をつけて描いた。ただし、俺はまともな学生じゃなかったのかもしれない。俺は卒業制作で《天使=絵画》っていうのを100号のキャンバスに木炭だけで描いた。当時はインスタレーションという概念がなくて、卒業制作展の時はみんな都美館(東京都美術館)で普通に作品を陳列してたんだけど、俺の頭の中では天使は上の方にあって、自画像とは離れたところに展示したかった。だけどダメだと言われて、しょうがないから普通に横に並べた。そうしたら、もう全然、作品同士が殺し合ってしまって、「アチャー!」と思って、そばにあったハンマーで自画像をバコンってやった。うまくいったと思ったけど、その瞬間に助手が飛んできて、「何やってんだ!」って。その時絵を掛けていた壁を壊しちゃったんだよね。それで怒られて。

国谷

でもなぜ馬なのですか。

小林

それはなんでかわかんないね。一言では言えないけど理由は絶対あるはずだよ。それこそゲントの時はよく馬を見てたし、馬小屋でも制作した。俺は教会で生まれたから、キリストが馬小屋で生まれたこととか関係あるかもしれない。あと俺はキュリー夫人が好きだったんだけど、キュリー夫人がラジウムを発見したのがソルボンヌの元馬小屋だった。馬小屋は何かそういう光を生むような場所というか、そういうイメージがあったのかもしれない。

でも、鹿も猫も犬も嫌で、そういう嫌なものは嫌だと言える。馬は嫌じゃない。あと頭に馬の絵のイメージが浮かぶんだよね。それはただの馬じゃなくてやっぱり筆をくわえている。それは自分の、画家の化身の馬なんだ。でも馬といったって、俺の描く馬はしっぽなんか全然短い。馬のしっぽはシューってなってるもんだし、もっとたてがみとかあって、いわゆるスタリオンというかさ。俺のは“名もなき馬”なんだよ。鞍もないし何も身につけてない裸馬。